ダイエットに挑戦する際、気をつけたいのが毎日の栄養バランスです。
仕事の都合で生活が不規則になりやすい人や一人暮らしの人は、野菜不足におちいってしまいがちです。
忙しすぎて毎日の献立や栄養バランスまで気が回らないという人もいるでしょう。

黒汁(KUROJIRU)には、酵素処理された野菜や果物のエキスが250種類以上も配合されています。
エキスに含まれる食物繊維やアミノ酸を摂取することにより、ダイエット効果だけでなく、お通じや冷え性の改善といった効果が期待できます。
ビタミンやミネラルも十分に補給できるので、野菜が嫌いな人や偏食ぎみな人にもおすすめです。

さらに、黒汁(KUROJIRU)には9種類の「黒」の食材と3種類の炭、2種類の乳酸菌も配合されています。
炭には脂肪や毒素などの不純物を吸着し、排出を促す効果が期待できます。
こうした炭のデトックス効果に着目したダイエット方法が「チャコールクレンズダイエット」です。

また、黒酢や黒大豆、黒スグリなどの黒成分には、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールには脂肪燃焼効果や美肌効果が期待できるため、美容にも効果的です。

乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、肌荒れや便秘など、さまざまな不調を改善してくれます。
実際に黒汁(KUROJIRU)を飲み始めてから、虚弱体質が改善されたという人もいるんですよ。

 

話題になったコンブチャとは何が違う?

ダイエットに興味のある人なら、チャコールクレンズやコンブチャクレンズといった言葉を知っている人も多いのではないでしょうか。
チャコールクレンズもコンブチャクレンズも、高い効果が期待できると話題になったダイエット方法です。
しかし、この2つの方法には、どのような違いがあるのでしょうか、

コンブチャとは「コウチャキノコ」と呼ばれる菌株のことです。
酵素や乳酸菌、ポリフェノールを豊富に含み、整腸効果や疲労回復効果、ダイエット効果などが期待できます。
このコンブチャを利用した発酵食品やドリンクを利用したダイエットが、コンブチャクレンズです。
一方、チャコールクレンズは炭のデトックス効果を利用したダイエット方法です。
黒汁(KUROJIRU)にも、コンブチャと同様、酵素や乳酸菌が豊富に配合されています。

一見似ているように思える2つのダイエット方法ですが、実は大きな違いがあるんです。
それは、コンブチャの味は好き嫌いが分かれるという点です。
コンブチャは非常に酸味が強く、毎日飲み続けるのは難しいという人もいます。
黒汁(KUROJIRU)は黒糖玄米から抽出した甘味料を使用しています。
くせのない味わいなので、そのまま飲むのはもちろん、料理にも使えます。
人工甘味料の不自然な甘さが苦手な人にもおすすめです。

 

黒汁(KUROJIRU)公式サイトはこちら>>>