食事を1食置き換えることから始まる黒汁(KUROJIRU)ですが、アレンジの仕方がいろいろあるのをご存知でしょうか?

公式サイトや商品が届いた際に同梱されてくるレシピ本にも紹介されていますが、どの方法で飲むと飲みやすいのかを検証しました。

・牛乳で割ってまろやかな味わいに!

黒汁(KUROJIRU)のアレンジとしてまず、みなさんが最初に試すのはいつも水で割って飲んでいるものを牛乳割りにすることではないでしょうか?

牛乳と合わせることで、少しクセを感じる方でも、まろやかな口当たりにしてくれるのでおすすめです。

・甘みや酸味をプラスして食べやすく!

同じ乳製品ですが、ヨーグルトやアイスに混ぜるとより食べやすくなりますよ。

口コミを見ると、味が好みではなかったため使用を継続するか悩んでいるといった方が見受けられたので、そういった方に試してほしいアレンジ方法です。

その他にも、黒汁(KUROJIRU)のアレンジとして食事に混ぜる方法もありますよ。

この場合、置き換えではなくなってしまいますが、1食黒汁(KUROJIRU)の置き換えをして、残りの2食のうち1食の食事内容に混ぜる方法です。

例えば、お好み焼きやハンバーグの中に混ぜます。

ダイエットが一段落してリバウンドを防ぐためにこういった方法もあるので、覚えておくといいですよ。

初めはまず、始めやすい牛乳やヨーグルト、アイスに混ぜることから試してみてくださいね。

 

黒汁(KUROJIRU)はいつ飲むと効果を実感しやすい?

置き換えダイエットをしたことがある方はご存知かもしれませんが、どの食事を置き換えると1番効果的なのでしょうか?

黒汁(KUROJIRU)をいつ飲むと効果が大きく現れるのかを口コミを見て調査してみると、他の商品で置き換えダイエットを行なっている方と同じく、夕食が効果的だということがわかりました。

ですが、元々置き換えダイエットに慣れていない方がいきなり夕食を黒汁(KUROJIRU)にしてしまうと、夜中に空腹を感じて眠れなくなることや夜食に走ってしまう方が多くいらっしゃることも同時に判明しました。

ですので、黒汁(KUROJIRU)をいつ飲むのかを悩む前に一度、どの食事を置き換えたら空腹を感じなくて済むかを考えてみてほしいのです。

1番空腹を感じず無理せず始められるのは朝食です。

なぜなら、朝食は空腹を感じても短時間後には昼食が待っているからです。
ですので、置き換えることに慣れるまでは朝食で試してみてください。

朝食で慣れてきたら、昼食。
昼食で慣れてきたら夕食と変えていき、それでも効果が薄い場合は、1日1食から2食の置き換えに変えて見るのもいいですよ。

黒汁(KUROJIRU)をいつ飲むといいのか。
それは、置き換えても空腹を感じにくい食事を目安に考えると順調に体重を落としていけますよ。

黒汁(KUROJIRU)公式サイトはこちら>>>